TOP > ブログ > 【裁断ロス生地でつくった“etoffe Re:Pochette”】
製品Pick up
2021/07/07

【裁断ロス生地でつくった“etoffe Re:Pochette”】

ブログ

etoffeの生産時に出るハギレ生地を再利用した新作
“etoffe Re:Pochette(エトフリポシェット)”をご紹介します。

世界各国から厳選したテキスタイルを使用し、その日の装いや気分に合わせて選べるよう、さまざまなバリエーションをご用意しているミニバッグブランドの“etoffe”。

 etoffeを生産していく中で生地を裁断する際にどうしてもハギレの生地が出てしまいます。

そんなハギレ生地を使って今までもポーチやミラ―など、
etoffeと一緒に使ってもらいたい雑貨を作ってきました。

etoffeの生地だからこそできるバリエーション豊かなアイテムたちです。
★裁断ロス生地を使って作った“etoffeJIGSAW(エトフジグソー)シリーズ”はこちら

 

今回はetoffeの生産の時に出る裁断ロス生地を使って人気のetoffePochetteを新しく作りました!!

その名も“etoffe Re:Pochette (エトフリポシェット)”

etoffeブランドの中でもスタイルを選ばず使いやすくて人気の“etoffe Pochette(エトフポシェット)”
小さめのお財布と携帯電話、ハンカチ、ミニボトルだけで軽やかにできるので、
アクティブに動きたい人にもおすすめのバッグです。
マチ付きなので見た目以上の収納力があります。

etoffe Re:Pochetteにはこのようなタグもついています。

店頭でRePochetteを探す際の目印にしてくださいね!


etoffeの特徴でもあるのですが、大きな柄の生地であったり、様々な色を使っている生地を小さなバッグにすると、生地の種類によってはどうしても商品にしたときに柄の出方に違いが出てしまうことがあります。
似ているようで、実はみんなとはちょっと違う柄のバッグというのがetoffeブランドのおすすめポイントでもあります。

今回のRePochetteも同様で、柄によっては表裏でこんなに違うものも。


左が表側、右が裏側です。

裏返すと全く違うバッグのようにも見えて得した気分にもなっちゃいますね。
etoffeならではのさまざまな柄のバリエーションを楽しんでくださいね。

 

また、Repochetteはたくさんの裁断ロスの生地の山からポシェットに合うのでは??という柄を選んでいるため、値札に組成が書かれていません。昔の生地だと分からないものも多いためそのように対応させて頂いています。あらかじめご了承くださいませ。

お店でご購入の場合は手に取って素材を確かめてみてください。
オンラインストアですとわかりづらいと思いますので、随時分かり次第記載していこうと思っています!

エトフでは既に完売してしまった人気の柄もたくさんあるので、お気に入りの柄を探しにぜひRePochetteをチェック!!!

 ★etoffe Re:Pochette はこちらから。


RePochetteはロス生地を使用しているため、生地代が入っていない分、お値段も通常のPochetteよりもお安くご提供できています。

捨てずに再利用することで環境にも、お財布にも優しいエシカルな商品です。

 

まずは身近なところから、ライフスタイルに“エシカル”を取り入れてみませんか。

 


ヘミングスのオンラインストアが6月よりオープンしました!
ぜひぜひ【etoffe】をチェックしてくださいね。
HEMING'S Official Online Store

★etoffeシリーズ のご購入はこちら 

 



関連記事