TOP > ブログ > 【東北の高校生の富士登山2018】
tente
2018/07/05

【東北の高校生の富士登山2018】

ブログ
「東北の高校生の富士登山」というプロジェクトをご存知ですか?

2011年の東日本大震災・原発事故で被災した東北の高校生たちに、日本一の富士山から「勇気」と「元気」をもらって前へ進んで欲しいとの願いから、福島県出身の女性登山家 田部井淳子さんが立ち上げ、総隊長をつとめられたプロジェクトです。

発起人である登山家田部井淳子さんは、女性として世界で初めてエベレストを登頂したほか、世界七大陸最高峰など、国内外のあらゆる山の頂きに足跡を残した登山家。
2016年10月にご病気で逝去されましたが、その後も田部井さんの息子さんが中心となってその意志が引き継がれ、2017年7月にも64人の東北の高校生たちが富士山に登頂しました。

以下、「東北の高校生の富士登山」HP より

2011年の東日本大震災・原発事故から5年以上の時が経ちましたが、被災地の復興はまだ道半ばです。そんななか、私たち山や自然を愛する大人にできることは何かと考え、被災した東北の高校生たちに、夏休みに日本一の富士山に登ってもらおうという計画を立てました。日本一の山から、次なる東北を支える「勇気」と「元気」をもらって前へ進んでいってほしいと心から願ってのことです。


そして今年も富士登山がおこなわれます!

今年は7月24日(火)~26日(木)の2泊3日の予定。参加希望者は定員を上回る100人以上にもなっているそうです!
たくさんの高校生たちが頂上を目指します。
 
ヘミングスではこのプロジェクトに賛同し、『富士山tente(テンテ)』『北斎tente』の売り上げの一部を協賛金として寄付しています。


●『富士山tente(テンテ)』


blog_e_170803a.jpg

こちらは『tente FUJIYAMA Blue』。
商品の品番はもちろん「3776」富士山の高さ3776mに合わせてあります!

blog_e_170803c.jpg

こちらは赤富士の『tente FUJIYAMA Red』。
商品には東北の高校生の富士登山を応援するこんなしるし ↓ がついています。

blog_e_170803b.jpg


●『北斎tente』




こちらは 葛飾北斎の富嶽三十六景をプリントしたtente。
インパクトのあるアートをどーんと前面に。目を引くデザインです。

購入することで寄付や手助けが気軽にできる応援テンテ、ティッシュケースカバーをお探しの方はぜひこちらも候補の一つに入れてみてくださいね。


東北は復興が進んでいるとはいえ、まだまだその途上。
メディアで取り上げられることもぐっと少なくなって忘れてしまいがちですが、まだまだ現在進行形の復興を応援するこの商品を大切にしていきたいと思いご紹介しました!

シンプルですがインパクトがあって、デザインも素敵ですよ♪


商品ページはこちらから






広報 はしもと

関連記事